レオン(ARYMILES LEON)は遺伝性の肥大型心筋症(HCM)で・・・2007年6月16日・・・2歳10ヵ月の短い猫生を終えました・・・    応援ありがとうございました
by nekodanngo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
おぼっちゃま
病気ニャン
ガキンチョ
労働を提供して
大好き猫たち
日記
レオン
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
日々事・・・猫事・・・。
にゃんこのいる幸せ
ねこぱんち
猫の実畑へようこそ
uutaroさんちは今日も
櫻茶屋日記
ねこ+ねこだもん。
いつまでも一緒にいよう
ぶぶログ
珈琲ぶれいく
smile☆smile☆...
エキブロ外リンク
以前の記事
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
more...
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:HCM ( 55 ) タグの人気記事
HCM・・・肥大型心筋症・・・
メインクーンはHCM(肥大型心筋症)の遺伝子検査を受けれるようになった・・・

検査結果は100%ではないにしろ・・・レオンやアリーちゃんがホモという結果で・・・今この世にいない現実をふまえると・・・

やはり受ける意味は大いにある・・・

というか・・・

繁殖をして譲り渡すのであれば・・・親猫は当然遺伝子検査を受けてネガティブ(○○)である事を確認するべき!!と・・私は思う



しかし・・・現実は・・・悲しいかな・・・

遺伝子検査を受けずに繁殖しているブリーダーがいる

ペットショップに卸している繁殖屋にいたっては・・・どうなんだろう・・・


若くしてHCMを発症しているのであれば遺伝性の可能性が高くなります

購入先に伝えましょう





過去日記にも書いてますが・・・

ヘテロ(○●)とヘテロで繁殖すると・・・4分の1の確率でホモ(●●)が生まれる・・・

無症状の猫同士の繁殖でも・・・危険なんですよ・・・





このブログに検索でたどりついていらっしゃった方へ

すでにレオンは亡くなってしまいましたが・・・

このブログでなにか少しでも情報を得る事ができたでしょうか?

少しでもお役立ちできたでしょうか?

是非コメントを残してくださいね



同じメインクーンと暮らすものとして・・・情報交換できたら・・・と思っています



メインクーンの遺伝性のHCMは防ぐ方法があるのですから・・・・遺伝子検査を受けてから繁殖しましょう・・・

また・・・獣医学の発展を望みます


HCMで苦しむ猫が・・・1ニャンでも少なくなりますように・・・






これからメインクーンと暮らそうと思っている方へ

親猫がHCMの遺伝子レベルでネガティブである事を・・・確認しましょうね

HPで公表しているブリーダーさんもいますよね

このブログへの検索ワードが・・・
[PR]
by nekodanngo | 2009-01-06 22:55 | 病気ニャン
キャットショー
先日・・・小樽でキャットショーがあったので・・・見学に行ってきました

1番の目的は、レオンと同胎の兄弟の大和くんのパパに会うこと

2番目は、アルのブリーダーさんに会ってご挨拶をすること

3番目は、キレイな猫さんたちを見て目の保養をすること

4番目は、ショーのカタログを買うこと

5番目・・・ふっ・・・レオンのブリーダーを見ること(こちらから挨拶する気は無い)




1番目の目的・・・達成できました。ミクシィで会う約束はしていたんですが・・・会ってみたら若くてビックリしたわ。

大和くんは、とても元気と聞いてとても安心しました。お土産までいただいて嬉しかったです。



2番目の目的は、残念ながら達成できず・・・いつも参加されていたので、今回もと思っていたんですが・・・残念でした


3番目・・・達成しました。キレイな猫さんを見ると・・・ボサボサアルが不憫に思えてしまった。アルたんごめんね~~


4番目もすんなり達成


5番目・・・こちらから挨拶する気は無かったのですが・・・むこうから挨拶してきた

前回のショーでの事を思うと・・・返事する気になれなかったけど・・・

ただ一言『レオンは去年死にました』と言いました

最後の『死にました』に力が入ってしまった

ブリは、何かゴニョゴニョ言ってたけど、聞き取れなかった・・・

良いんだ別に・・・ブリの答えなんて期待していない

私からの郵便物を破棄するブリだ・・・もう話しする事は無い




新しい家族がやってくる・・・希望はただ1つ・・・元気で健やかに!!!!!それだけ・・・
[PR]
by nekodanngo | 2008-11-17 00:19 | 病気ニャン
検索ワードランキング
このブログにどんな言葉で検索して訪れてきているかがわかるのですが・・・
その1月のランキングです


 1位 arymiles
 2位 HCM メインクーン
 3位 猫 肥大型心筋症
 4位 メインクーン 遺伝病
 5位 審判不開始決定通知書
 6位 眼窩底骨折 眼瞼切開
 7位 ラグドール HCM
 8位 猫 HCM 遺伝 診断
 9位 全治 3ヶ月 病気 内臓
10位 仙骨骨折
[PR]
by nekodanngo | 2008-02-04 22:44 | 日記
今日で・・・
レオンが亡くなったのは2007年6月16日です。あの日から半年が経ちました





今月に入ってから・・あと少しでレオンが亡くなって半年だな~って思っていた

10日・・・恵子さんからアリーちゃんの発作を知らせるメール・・・息が止まる思いだった

15日現在アリーちゃんの呼吸は安定してきて、穏やかに過ごしています



HCM(肥大型心筋症)は

命を奪う進行性の病気なんですよ・・・

遺伝するんです・・・

早期発見早期治療で進行を遅らせる事ができるのに・・・初期段階では確定診断が難しいんです・・・




メインクーンは、検査結果が100%でないにしろ遺伝子検査を受ける事ができます

レオンもアリーちゃんも『ホモ』の結果が出ています



この事実は、遺伝子検査が無意味でないと証明するものだと思います




繁殖する方は、遺伝子レベルでネガティブである事を確認して欲しい

オーナーの方は、定期診断として心臓の診れる獣医さんでエコー検査を受けて欲しい





レオンは、押入れの下段に置いてあった大理石ボードの上で亡くなった

今日まで、そこを片付ける事が出来なかった・・・

午前中・・・・・・・・・打てない








今でも、レオンへの花をきらす事は出来ません。

キリスト教ではお供えという言葉はありません。

ただ・・・私の気持ちが・・・・・・

レオンへの・・・・・・打てない






半年経っても気持ちの整理はつきません・・・




a0048355_12481973.jpg
レオンの名前は・・・Arymiles Leon・・・・

HCMで3歳になれず逝った猫がいた事を忘れないで欲しい
[PR]
by nekodanngo | 2007-12-16 12:25 | 病気ニャン
つらい・・・現実・・・
Renee&Ally&Baron's Room

レオンの叔母にあたるアリーちゃんのオーナー様のHPです

リンク欄にも載っていますが・・・貼ってみました


アリーちゃんもHCMの遺伝子検査の結果は、レオンと同じ『ホモ』です


このブログを読まれている方は判ってらっしゃると思いますが、肥大型心筋症は治りません

対症療法で、治療していくしかないのです

アリーちゃんもお医者様指導のもと、ずっとサプリと利尿剤を飲んでいたのですが・・・


10日夜、恵子さんから≪発作を起こしていて、体調が思わしくない≫とメールをもらった時・・・息が止まる思いでした

往診をしてもらって、治療を受けていますが・・・今日現在呼吸が乱れていて回復はしていません





アリーちゃんと恵子さんご家族・ニャン家族に穏やかな時間がながれますように・・・・
[PR]
by nekodanngo | 2007-12-12 23:47 | 病気ニャン
やっと自分の時間と思ったら・・・
すでにこんな時間・・・・

今日、レオンの病院に行ってきました。

心拍数も落ち着いているし、心臓の音も大丈夫らしい・・・。薬の量も種類も何も変わらず、3週間分もらいました。一時落ちていた食欲もどうやら毛玉のせいだったらしく今は食欲は戻りました。良かった~

薬:ジルチアゼム 2.6mg カルシウム拮抗剤 

心筋に対して収縮力を抑制し心拍数を減少させる←インターネットで調べた。

最初にエコー検査してから、2ヵ月を過ぎているので、次回の検診時にエコー検査する予定です。血栓ができているかとか、肥大している所の確認とか・・・厚さもまた測るそうです。1月中旬か下旬にでも担当医がいる日に行こうと思ってます。

聴診器を当てている時・・・・先生が難しい顔をしていた・・・何を言われるのかすっごくドキドキした・・・。が・・「大丈夫ですね!!」 先生脅かしすぎ~

でも、いつかは・・・そんな日が来る。

可愛い可愛いレオンたん・・・・。一日でも長く穏やかに過ごして欲しい。
[PR]
by nekodanngo | 2005-12-23 01:20 | 病気ニャン
やっと休み・・・
昨日も3時間以上の残業・・・・。年末にかかってきたのか、思ったように仕事が進まない・・・・。電話もひっきりなし・・。

晩御飯までに帰れないのが分かった段階で、家に電話した・・・・「出前とって食べてて」

そんなこんなで、ちょっと疲れている・・・。

年賀状も作りたい・・・昼寝もしたい・・・大掃除も始めたい・・・

何より今日はレオンの通院日!!!!

あ・・・眠たい・・・正直眠たい・・・

呼吸数も脈も落ち着いている・・・行ってきます。

あとで結果も書きます。

では・・・・
[PR]
by nekodanngo | 2005-12-22 09:31 | 病気ニャン
今日も元気(*^▽^*)
病気ニャン・・・・たまに薬を吐き出す

錠剤になってから、飲ませるのはだいぶ楽になったんだけど・・・最近、吐き出すことを覚えた

いつも、仰向けに抱きかかえて、無理やり(^_^;)口をあけて、ぽいっと奥のほうに入れる

そして、口を閉じて飲み込むのを待つ・・・・。

最近・・・毎回ではないけど、飲んだと思ったのに、手を離すと、ポロリと口から落ちる・・・・・。
a0048355_113654.jpg

また入れる・・・。飲み込む・・・・。

その場で吐き出してくれるから、すぐ分かるからいいけど、これが、違う所まで行ってから吐き出されると困る。

そんな事覚えなくて良いからね。命にかかわるんだから。
a0048355_13142.jpg

病院の先生に、薬を飲ませ忘れたら?と聞いた事がある・・・・。

先生「一回なら良いですけど、3日間とか飲まなかったら、保証できません」との返事。そうだよね・・・心臓病。

今日の写真は、2枚とも生後2ヶ月の時のです。レオン可愛い~
[PR]
by nekodanngo | 2005-12-18 01:05 | 病気ニャン
また悲しい事実・・・
a0048355_20522451.jpg
今日のレオン・・・就寝時

呼吸数・・33回/分

脈・・・・・・11回/5秒


レオンのこの後姿が好き~
(*^▽^*)
[PR]
by nekodanngo | 2005-12-13 00:13 | 病気ニャン
レオンが発病して・・・・
どのくらいが経っただろう・・・・・

ここから先は、グチなので・・・読みたい方だけ(?)どうぞ・・・


生後6か月以前から・・・呼吸は速かった・・・。家族から、やっぱり早過ぎじゃないのかなって指摘を受けても、1週間ほど病院には行っていなかった・・・。

まさか・・・心臓病だなんて・・想像しなかった。急に暑くなったから、そのせいかと思った。

後から子供に聞いたら、気がついた時には、もう速かったよ・・・って言う。だからレオンは、こういうものだと思っていた・・・と。家に来た頃から少しは早かったのかもしれない・・・

前にも書いたが、同じブリーダー出身の猫が亡くなっているのをそのオーナーさんのHPで知って、それで・・・もしかしたら・・・ヤバイ・・・と感じて病院に行った。

先生は、あまりの脈の速さに・・・心筋症ですよと・・・・心拍数を抑える薬を5日分だけ出してくれた。

まだ生後半年の猫・・・普通に元気だし・・・・先生も心筋症が信じられなくて・・・もしかして一時的に心拍数が上がっているだけなのかもしれないと判断したようだった。

で、5日間飲んで、直らなかったら・・・その時は検査しましょうと・・・。

家に帰り・・・ブリーダーに心筋症の可能性があると言われたとメールした。電話が来た・・・。

前にも書いたとおり・・・・シルバーの仔は呼吸が速くてもなんら心配は要らない。うちのシルバーの仔はみんな呼吸は速いけど・・・大人になると落ち着くし・・・みんな元気です・・・と。

薬飲むのも自由だけど、私から動物病院の先生に電話しておきますね・・・とまで言った。

心配なら検査を受けてくださいとも言われたけど、動物病院の先生に、電話しておきますまで言われて・・・・信じた・・・・。病気だと思いたくない私の弱い気持ちがブリーダーの言葉を信じさせた。

ブリーダーの言葉・・・・嘘があるなんて思わなかった・・・・。100歩譲って嘘だと言う自覚が無かったとして・・・・。きちんと調べてから答えて欲しかった・・・・・。ブリーダーはプロだと思っていた。しかしレオンのブリーダーは違うみたいだ・・・・。

それから半年の間・・・レオンの心筋は、ドンドン厚くなり16mm。

シルバーの仔は呼吸が速い・・・・なんて言って欲しくなかった。

誠意のある対応であって欲しかった。真摯であって欲しかった。

その後、HCMと診断を受けた後も・・・その事をブリーダーに伝えても、親猫は粘膜検査を受けていたと・・・嘘をつかれた・・・・その検査を受けていたから遺伝は有り得ない・・・生後2ヶ月のお渡し前に健康診断をしているのだから、一切責任は無いと言い切った。簡単な謝罪はあった。言葉の間に「ゴメンナサイ」と言う・・・が「何についてのゴメンナサイですか?」と聞いても返事がない・・・。そして「ペットタイプでお譲りしているから答えられない」と言うんだ・・・・。

粘膜検査についても、嘘であった事を認めてもらうのに時間を要した・・・。

祖父猫には異常が無いと言った・・・。

もうね・・・・何回も嘘をつかれるとね・・・・笑うしかないよね・・・レオンは重度のHCM・・突然死も有りうるとまで言われている・・・。

そして今・・私は結局、祖父猫の異常について、ブリーダーからの説明を受けていない・・・・。ペットタイプでお譲りしているので、お答えする必要はありません・・・・・・・とまた言うつもりだろうか・・・。

すでに2回「メールください」と送っているんだけど・・・・いまだ連絡がない・・・・メール待っているんだけどな・・・・・
[PR]
by nekodanngo | 2005-12-11 00:24 | 病気ニャン