レオン(ARYMILES LEON)は遺伝性の肥大型心筋症(HCM)で・・・2007年6月16日・・・2歳10ヵ月の短い猫生を終えました・・・    応援ありがとうございました
by nekodanngo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


レオンの兄弟姉妹
レオンは、3年前の8月15日に生まれました。

もうすぐ3歳の誕生日・・・レオンは迎えられなかったけど・・・・



レオンの兄弟姉妹・・・5ニャンで生まれてきました・・・元気なんでしょうか・・・

レオンの父母・・・元気なんでしょうか・・・



レオンの父はタケト・・母はモトコと以前書きましたが

レオンは遺伝子検査結果がホモ(●・●)なので、

このタケトとモトコの2ニャンともHCMの遺伝子を持っていることになります。



モトコの姉妹のアリーちゃんは遺伝子検査でホモ(●・●)です・・・

となると、モトコの父と母もHCMの遺伝子を持っていることになります。




タケト・・・・・・・血統書名は  W・・・・・・ B・・・ Riku

モトコ・・・・・・・血統書名は  Arymiles Milky Way

モトコの父・・・血統書名は  S・・・・・・・・・ Ivy K of Arymiles

モトコの母・・・血統書名は  F・・・・・・・ Milky of Arymiles



この4ニャンは、HCMの遺伝子を持っています

と言っても、ホモ(●・●)なのかヘテロ(●・○)なのか・・・それはわかりません・・・



レオンの兄弟姉妹の名前は血統書に書いてあるのでわかっています・・・

Yakou

★Leon

Poor

Yamato

Nadesiko


私が持っている血統書はキャットクラブの血統書です

もしかしてCFA発行の血統書をお持ちの方は、父猫が違う可能性があります

W・・・・・・ B・・・ Riku  はその当時CFAナンバーが無かったのです。

ショーに出すために、違う父猫で登録している可能性があります。





↑実際1ニャンは、そういう登録をしてショーに出ていました(今現在どういう血統登録になっているかは不明)

このオーナーさんとは挨拶はした事はありますが、HCMについてお話しをした事はありません

ニャンコは生きているようですが・・・詳しい事は不明です

ブリの信者ですから、何を言っても無駄でしょう・・・





あと1ニャンのオーナーさんと連絡を取り合っています

そこでわかった事実は・・・・ブリからHCMについて何の連絡もないという事・・・

私達からの遺伝している可能性の話しを聞いて心臓に詳しい病院で心臓の検査も受けて、発症していないと言う結果だそうです。ホッとしています




あと2ニャン・・・どうしているだろう・・・生きているだろうか・・・・



思う事・・・

ホモ(●・●)はレオンだけで良い・・・お願いだ・・・他のニャンは長生きして欲しい・・・

タケトとモトコがヘテロ(●・○)同士なら・・・・その可能性が高い・・・・そうであって欲しい・・・

が・・・もしもどちらかがホモ(●・●)であったなら・・・ホモ(●・●)はレオンだけではないでしょう・・・そして、ネガティブ(○・○)は生まれない・・・・

ヘテロ(●・○)だからと言って安心は出来ませんが、ホモ(●・●)より発症の確率が低くなります・・・



思う事・・・

ブリのHPではメインクーンが生まれているが・・・親猫の表示がない・・・・

複数頭HCMを発症している事は知っているんだし、レオンが旅立った事を知らないとは思えない

レオンの検査結果がホモ(●・●)だった事は電話ではっきりと伝えてあるし・・・郵送もしてある(破棄されているらしいが・・・見たでしょう)


今、繁殖用の猫全てのHCMの遺伝子検査を受けて、結果を公表して、今現在の繁殖がクリアなんだと・・・なぜ・・・やらないんだ・・・・・なぜ・・・やれないんだ・・・



いまだに、自分のキャッテリーからHCMの猫が出たと認められないのか・・・・情けない・・・・





レオンは・・・生きたくても生きれなかったんです・・・
a0048355_11493766.jpg
兄弟と似ているんだろうな・・・どこにいるの??元気なの??
[PR]
by nekodanngo | 2007-08-10 16:07 | 病気ニャン
<< 我が家では・・・・ ストレス診断・・・ >>