レオン(ARYMILES LEON)は遺伝性の肥大型心筋症(HCM)で・・・2007年6月16日・・・2歳10ヵ月の短い猫生を終えました・・・    応援ありがとうございました
by nekodanngo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
おぼっちゃま
病気ニャン
ガキンチョ
労働を提供して
大好き猫たち
日記
レオン
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
日々事・・・猫事・・・。
にゃんこのいる幸せ
ねこぱんち
猫の実畑へようこそ
uutaroさんちは今日も
櫻茶屋日記
ねこ+ねこだもん。
いつまでも一緒にいよう
ぶぶログ
珈琲ぶれいく
smile☆smile☆...
エキブロ外リンク
以前の記事
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
more...
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


レオンの遺伝子検査・・・・
いまだに検査結果がでません・・・

一緒にアメリカ旅行に行った同じブリーダー出身の猫ちゃん達の検査は、早くに出ています。

最初は、11月15日・・・おなじHCMの血統が入っている猫ちゃん達・・・ヘテロ(●○)でした。

発症率は低いけれど、発症の可能性があります・・・・

そして今日も一緒に検査を受けてまだ結果が出ていなかった猫ちゃん達の結果が届いたようです。

今回は、ネガティブ(HCMの可能性なし(○○))ではないのでヘテロ・・・という不思議な結果・・・

遺伝子の鎖が切れているそうです・・・

そしてレオンとレオンの叔母猫アリーちゃん(ともに発症)の結果がいまだに来ないんです・・・

ネガティブ(○○)はあり得ない。

ホモ(●●)なのか、ヘテロ(●○)なのか・・・結果によって大きな差が出ます。それは親猫の検査結果もだいたいわかるから・・・・

ブリーダーが検査を受けなくても、だいたいの予想がついてきます。

変な話しですよね。

まわりから検査を勧められても受けないブリーダー。


以前、まだ日本で遺伝子検査も受けれない時期にとある大学病院で検査を受けてHCMの可能性はないと言い切っていたブリーダー。

それは嘘だったと認めたけど、まずブリーダーが検査を率先して受けて欲しかった。

結果が出次第、私はその結果をもとにブリーダーにメールするつもりです。

どんな返答が来るのか・・・


HCMの可能性のある猫を、その可能性があることを何も伝えず譲っていたブリ・・・・

レオンの兄弟猫にも何も連絡してくれないブリ・・・(偶然兄弟猫のオーナーと知り合って知った事実でした)

そんなブリーダーからメインクーンを譲り受けてしまった私・・・


レオンが可愛い・・ただただ可愛い・・・

レオンが苦しむ姿は見たくない・・苦しませたくない・・そんなために生まれてきたんじゃない。

長くは苦しませないよ。その時が来たら決断するよ・・・私が1人その罪を背負うから・・・

だから今は、無邪気なままで可愛い姿を見せてね・・・その姿を決して忘れない・・・愛しいレオン

どうか1日でも長く穏やかな日が続きますように・・・
[PR]
by nekodanngo | 2006-12-05 23:21 | 病気ニャン
<< 検索 ついにコタツが登場してしまった・・・ >>