レオン(ARYMILES LEON)は遺伝性の肥大型心筋症(HCM)で・・・2007年6月16日・・・2歳10ヵ月の短い猫生を終えました・・・    応援ありがとうございました
by nekodanngo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
おぼっちゃま
病気ニャン
ガキンチョ
労働を提供して
大好き猫たち
日記
レオン
フォロー中のブログ
ネコは「ぱるぷんて」をと...
日々事・・・猫事・・・。
にゃんこのいる幸せ
ねこぱんち
猫の実畑へようこそ
uutaroさんちは今日も
櫻茶屋日記
ねこ+ねこだもん。
いつまでも一緒にいよう
ぶぶログ
珈琲ぶれいく
smile☆smile☆...
エキブロ外リンク
以前の記事
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
more...
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


病気ニャンは今日も元気
病気ニャンのブリーダーに対して、いまだ憤りを感じる。

最初に、呼吸が速くて、病院に行ったことを伝えた時・・・・シルバーの仔は、呼吸が速くても何も心配ないシルバーの仔は皆速くても元気だから・・・と言われた。その言葉を信じて私は半年間もほったらかしにしてしまった。
ブリーダーだけの責任だとは思っていない。しかし・・・ブリーダーとしての立場を考えると責任は重いと思う。

そして、結局半年後にHCMと診断を受けた。その事を伝える時、私は、兄弟猫への連絡と・・・親猫の検査を求めた・・・。しかし、親猫は粘膜検査を受けているから、遺伝はありえないという。しかし、検査した大学病院名も検査結果も見せてもらえない。
遺伝は有り得ないと言うのだから、兄弟猫への連絡も有り得ないという事だろう。
だが、誰に聞いても、どこに聞いても、粘膜検査をやっていると言う事実にあたらない・・・・。発病が生後6ヵ月以前だし、すでに重症なので、病院の先生は遺伝だろうと言う。


メインクーンのトップブリーダーさんにも聞いた。返事は、粘膜検査を受けれる話しは聞いた事が無い。エコー検査やドップラー検査で、HCMの検査をしているとの返事をいただいた。

同じブリーダーから、心臓病の猫が他にも出ている・・・。

HCMは優性遺伝だけど、発病しない場合もあるらしい。

ブリーダーの猫の中に、HCMの素因を持った猫が居るんだろうな。

近日中に、ブリーダーにメールして、確認しようと思う。

ブリーダーと私の過去のやり取りを、ブログに書いてあります。カテゴリ「病気ニャン」を選んで読んでいただけたらと思います。
[PR]
by nekodanngo | 2005-11-13 17:37 | 病気ニャン
<< 今日は・・・月曜日 日曜日・・ >>