レオン(ARYMILES LEON)は遺伝性の肥大型心筋症(HCM)で・・・2007年6月16日・・・2歳10ヵ月の短い猫生を終えました・・・    応援ありがとうございました
by nekodanngo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


ブリーダーのこたえ
病院の先生は、たぶん遺伝だろうと言う・・・。

その事をブリーダーに伝えても、ブリーダーは、親猫はきちんと口の粘膜をとって検査を受けているので、遺伝という事は有り得ないと言う・・・・。

この口の粘膜をとってHCMかどうかの検査が出来るかというと・・・・先生はできないだろうという

どこの病院で検査が出来るのかってこともブリーダーに聞いた。親猫の検査結果を見せて欲しいことも伝えた。病院名は、とある大学病院の獣医学部・・・親猫の結果を見せて欲しいの答えはNOだった。

もう、私には、これ以上は分からない・・・・・

それで・・・もう、ブリーダーと連絡を取るのをやめた。

後は、病気ニャンを看病することに徹しようと思った。

どこまでも追求したかったけど(もし嘘だったら・・・って思ったから)、でも、その時間の間にも、病気ニャンの病状は進むかもしれない

そして、そんなことしても、病気ニャンが治るわけでもない。

けっして、ブリーダーの話しに納得したわけではないけどね

でも遺伝で無い可能性もあるし・・・とある大学病院の獣医学部では検査が出来るのかもしれない・・・・・・・・・もう、疲れた。

でも、猫はかわいい。とてもかわいい。親バカと言われ様と二匹とも、めちゃかわいい
[PR]
by nekodanngo | 2005-10-08 00:59 | 病気ニャン
<< また病院に行く また、ブリーダーに連絡してみた >>