レオン(ARYMILES LEON)は遺伝性の肥大型心筋症(HCM)で・・・2007年6月16日・・・2歳10ヵ月の短い猫生を終えました・・・    応援ありがとうございました
by nekodanngo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


また、ブリーダーに連絡してみた
うちの猫が、HCM(肥大型心筋症)と診断されたことを、ブリーダーに伝えた。

今度は笑い飛ばされることは無かったが、誠意のある返事とは思えなかった。

お金を返す、迎えに行く・・・・・・・そんな返事が欲しかったわけではなかった。

私が望んでいたのは、遺伝かどうかは、はっきりとはしないけど、兄弟猫たちの飼い主に1度検査を受けた方が良いと伝えて欲しかったことと、親猫の検査をして欲しいという事・・・・

もしも遺伝だったなら、これ以上、同じような猫が生まれない様に・・・と思ったから。

そして少しでも早く薬を飲んで欲しかった。うちの猫のように、私がバカだったがために、薬を飲み始めるのが半年も遅れて、症状が悪化してしまわないように・・・・・・。

HCMは、牡なら2・3歳で発症し・・もって2・3年・・・かな??

しかも、心不全でぽっくりならそれほど本猫も苦しまなくて済むかもしれないけど、血栓ができた時・・・それは、激痛を伴うらしく・・・苦しむこととなる。

1度血栓ができると、それは、もう、ダメかな・・・という事になるらしい。私はその時がきたら、決断しなくてはならないと思っている。苦しませたくない。

当然、本猫は何も知らない。自分が病気だなんてわかってない・・・これは当たり前だけどね・・・・・・。無邪気に遊んでいる姿を見ていると、涙が出てくる。

病院の先生は、発症が生後6ヶ月以前で、現在、すでに心筋の厚さが15mmとなっていることから、たぶん遺伝でしょうとおっしゃった。

それは、他の動物病院の先生も同じだった。でも、遺伝かどうかの確証は取れない。
[PR]
by nekodanngo | 2005-10-07 23:38 | 病気ニャン
<< ブリーダーのこたえ HCMと診断されて・・・・ >>